転職

【未経験転職】注目したこと3選

未経験転職の際、その求人について私が注目したことを3つまとめました。

これが選考を通るための重要項目となり、また入社後のミスマッチを防ぐ手段のひとつになりました。

なぜ、未経験者歓迎なのか?

「なぜ、未経験者歓迎なのか?」…これ、最初疑問でした。即戦力のある人の方がいいんじゃないのかな?…と。

でも企業それぞれに理由があるのですよね。

転職活動中に出会った「未経験者歓迎の理由」

下記、私が出会った未経験者歓迎の理由一覧です。求人情報に記載があったことや面接で確認した内容です。

未経験者歓迎の理由

  • 「新しいアイディアや視点が欲しい」
  • 「未経験でも挑戦したい人のポテンシャルに期待」
  • 「先入観なくその企業のノウハウを学んでもらいたい」
  • 「未経験でも◯のスキルのある人が必要」

 

※他にも色々あると思います。

例えば、その業界の知識がなくても新しいコンテンツや企画が必要なために「◯の知識がなくてもいいので、何か斬新なアイディアや知識がある人を探しています!」という場合もあります。つまり新しい分野を開拓したい。

また、前職ですごい実績を出していたとすると、「自社でもすごい実績を出してくれるかもしれない」とそのポテンシャル(伸び代)に期待がかかります。

当たり前のことですが、企業側はその人の知識の吸収力や適応力、仕事に対する姿勢などを見ています。

【重要】未経験者歓迎の理由を考える

ズバリ「未経験の自分に何が期待されているのか?」を知る手がかりになります。

例えば「会社内に新しいアイディアや視点が欲しい」場合ならば、仕事で得た知識やスキル、または自分が学んできた知識や得意分野を総動員して「どう貢献できるか?」を考える。これを自己PRに活かします

ポイント

未経験OKな理由を考える=自分がどう貢献すべきかを考える

naoka
どう期待されているかを知りたい気持ちは、それだけその仕事と真剣に向き合っている証拠!

入社後の教育・研修体制は?

入社後、力を発揮するために

せっかく入社してもきちんと教えてもらえなければ、得たかったスキルをつけることも、よりよい実績を残すことも難かしくなります。

私は面接でこの点も質問しました。

なぜ書類選考が通ったのか?

「自分に期待されていること」を知る

履歴書や職務経歴書から、自分の一体何に可能性を見出してくれたのか?を知ろうとする姿勢、大事です。

これが面接対策につながります。PRすべきところをしっかりPRする。

また、「何に期待されているのか?」を知ることで入社後の自分のすべきことがイメージでき、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

naoka
「なぜ、未経験OK・経験不問なのか?」にも通じることですが

ちなみに…私の場合は職務経歴書に、

「(未経験だけれど)この仕事をしたいという大変に強い意志があります!」というような内容を書きました。つまり、熱意をしっかり伝えました。

また、前職で培ったスキルをどう活かせるかを考えて、その自分の姿をイメージした上で、記載しました。

前職の実績と熱意から「会ってみようかな」と思ってもらえたのだと思います。

まとめ

選考を通るため、そして転職後にスムーズに業務ができるように、「この企業はなぜ未経験歓迎なのか?」をしっかり考えて、それを踏まえて職務経歴書を作成したり、面接対策をするのはとても大事なことでした。

皆さんも未経験歓迎の真意をしっかり捉えたうえで、適切な対策ができますように!

 

 

  • この記事を書いた人

naoka

仕事する自分、大好きに。仕事と転職のこと。 *既卒*ブランク*短期離職*完全未経験*ブラック企業*ホワイト企業なんでも経験したnaokaのブログです。 ・・─ 明日をよりよくする仕事・転職術 ─・・ ▪︎転職→好転 ▪︎とりあえず転職しない→毎日の心掛けで好転

-転職